banner

出刃包丁

包丁の種類の一つである出刃包丁

包丁にはいろいろな種類があり、どの素材を切るのか、どのような料理のジャンルであるか等によって使い分けています。ただし、料理を生業としているようなプロの料理人やシェフではなく、家庭で料理を作る場合はそこまで使い分けるという方は少ないでしょう。特に家事の一環として毎日料理を作る方にとってはよほどのこだわりがなければ万能的に使えるものがあれば困ることはありません。出刃包丁は元々魚をおろすために作られた包丁です。最初に作られたのは堺打刃物で知られる大阪の堺です。

魚をおろす時は骨や内蔵を取り除くことも必要ですので、そういった細かい作業も出来るような作りになっています。出刃包丁は魚をさばくのに適した包丁ですが、鶏肉などをさばく時にも使われます。

出刃包丁は魚をさばきやすい包丁ですが、他の包丁との違いは刃の厚さや重さにあります。重さがあると使いにくいのではと疑問をお持ちになる方もいるのではないでしょうか。実はこの重さがさばきやすさに深く関係があるのです。魚や肉をさばく時はある程度の力量が要ります。刃が重たければその分、入れる力が少なくて済みますし、切り口が滑らかになりやすいというメリットもあります。重たい方が切りやすいため、結果的には楽にさばくことが出来るのです。大きく切り分けるだけでなく皮や小骨を外したりするような繊細な作業にも向いているのが出刃包丁の特徴と言えるでしょう。

切りやすさは重さだけではありません。包丁は切れ味も大切です。切れ味が悪くなると入れる力が自然と大きくなってしまいます。力が入れば入る程に切り口は滑らかでなくなる傾向にあります。使えば使うだけ刃先は消耗してしまいますが、その分研ぎ石で研ぐことで切れ味は復活します。これは出刃包丁だけでなくどんな包丁にも言えることです。多くの包丁に共通しているのは、力を入れずに切れることではないでしょうか。包丁を使っていて、切りにくくなってきた、切るのに疲れるようになってきたと感じてはいないでしょうか。そのような時は切れ味が悪くなっている可能性があります。研ぎ石を一つ持っているといつでも切れ味が復活するので便利です。包丁の使い方として切れ味を保持するということは重要なことです。力を入れ過ぎることで料理の味が落ちてしまうこともありますし、勢い余って指を怪我してしまうこともありうるのです。刺身で食べると特に切り口の違いは分かりやすく表れますので、食べ比べてみるのも良いのではないでしょうか。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.