banner

堺包丁のお手入れ

堺包丁のお手入れに適したシャープナー

堺の包丁と言えば料理人にとってはおなじみの名品が揃っています。鍛鉄の技術が堺に広まったのは5世紀頃ですので大変古い歴史があることが分かるでしょう。堺打の包丁は刃が硬いだけでなく粘りがあり、食材を切る時に余計な力を要しません。そのため、食材そのものの味を最大限に引き出せる包丁であると言えるでしょう。最近は自宅で料理に凝っているという方も増えてきています。

そんな方の中には使う道具にもこだわりたいという方もいるでしょう。自宅で料理を楽しむ方にも人気の包丁なのです。

包丁には最近はセラミック製の物もありますが、やはり金属製のものが主流です。余計な力をかけずに切れるということは食材の美味しさを引き出すだけではなく、安全面においてもメリットがあります。

切れ味が良く刃がしっかりしている包丁を使った経験がある方なら、楽にストレスなく切れることに感動したという方もいるのではないでしょうか。逆に、切れ味の悪い包丁や使いにくい包丁を使うと肉などは一度で切れなかったり、刺身の表面がざらついて不味くなってしまうということもあります。切れにくいからといって力を入れて一生懸命切ってしまうのは危険です。刃物を持つ手元に力が入っていると、思わぬ方向へ手が滑ってしまってケガをしてしまうことにも繋がってしまいます。

包丁の切れ味は素材の良さを引き出し美味しい料理を作るためにも重要な要素ですが、安全面に置いても重要なのです。切れ味が良い方がケガをしそうというイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか。しかし、切れ味の良ければ余計な力を使わないため手元のコントロールがしやすいのです。力が入っているとその分コントロールを外した時にかかる力も大きくなります。なるべく切れ味を保っておくことが大切なのです。常日頃からシャープナーを使って刃を研ぎましょう。まったく研いだことが無いという方は一度研いでみてはいかがでしょうか。抜群に切れ味が良くなります。堺の包丁をお使いの方は堺打に適したシャープナーなどもありますので、適したものを選ぶと良いでしょう。良い道具を使いこなすには、日々のお手入れが必要です。手入れをすることで道具そのものが持つ実力を存分に発揮するようになるのです。どんなに良い道具でも、手入れをせず大事に使わなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。シャープナーを活用して最大のパフォーマンスを出せるようにしましょう。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.