banner

最近の投稿

包丁置き

安全のための包丁置き

台所という場所はどういった所なのでしょうか。台所とは、調理を行う場所です。調理を行う場所については、調理場やキッチン、そして厨房などと様々な呼ばれ方をしますが、設置してある場所や用途によって違った呼ばれ方をします。レストランや飲食店のような業務用的な場所における調理を行う所については、厨房や調理場といった呼ばれ方が一般的です。一方、一般家庭における調理を行う場所については、台所やキッチンなどと呼ばれているようです。
台所には、調理に関する様々な物があります。例えば、多くの食材を、一定の温度で保存しておくための冷蔵庫や、火を使った料理をするためのガスコンロなどの機器が設置されていることが多いです。また、調理をする過程において発生する湯気や煙などを、屋外へ排出するための換気扇や、料理には欠かせない水を出したり洗い物をしたりする流し場など、多くの設備があります。

このように、台所には調理に関連するような色々な機器がありますが、こういった物よりも小さな物も多くあります。それは、料理を盛り付けるお皿や茶碗であったり、調理の際に必要な道具類などです。

では、調理に必要な道具には、どういった物があるのでしょうか。まずは、焼き物や金属でてきている鍋という物があります。これは、料理をする際には欠かせない道具です。この鍋によって、味噌汁などの汁物や煮物などの一般的な料理を作ることができます。

そのほかにも、調理には必要不可欠の道具があります。それは、包丁です。この包丁という道具は、様々な食材を切るために必要な物です。一言で包丁といっても、多くの種類があります。なぜなら、様々な食材を切るということは、食材に合った切り方をする必要があるからで、そのために用途に合った形の包丁が作り出されてきたからです。包丁で、食材を適切な形に切るからこそ、おいしい料理を作ることができるのです。

しかし、包丁という道具は刃物です。刃物ということは、様々な物を切ってしまうというような危険性もあるということです。確かに、包丁という道具の目的は、食材などを切るということですが、使用する人間が誤った使用方法をしてしまう時もあります。また、使用していない場合は、刃を保護するためや危険の無いように、適切に保管される必要があります。そういった場合に必要なのが包丁置きです。この包丁置きというのは、包丁の刃が隠れるように保管する物なので、安全に管理することができる優れた物です。

ゾリンゲンの包丁

ゾリンゲンの包丁について

包丁で有名なゾリンゲンはドイツ連邦共和国の都市名です。
ブッパー川沿いにあるその年は中世のころから刃ものつくりの町として知られていました。
中世のころベルク公国に属していたのですが、1133年にアドロフ2世がゾリンゲンのブッパー川近くの小高い丘にベルク城を建立し、そこに住み始めました。

そのためゾリンゲンは城下町として都市に発展していきました。
ヴェルヘルム2世がデュッセルドルフに城を移した後もベルグ城は式典などで使用されてきましたが、三十年戦争で大きな被害を受けてしまったのです。

その後ゾリンゲンの街もフランス革命や第二次世界大戦で被害を受けたのですが、ともに復興をしていった街です。
そんな街では、1147年にはアドルフ4世がシリアから腕のいい刀鍛冶屋を連れてきたことから刃物産業が広まっていきました。

鍛冶用の薪がたくさん採れる森林があることや動力源にもなり販路拡大にも重要な河川があること、鉱石が採掘されることが幸いし、多くの優れた刀鍛冶職人が育てられたのです。
そして刀剣から一般家庭用の包丁など様々な刃物が作られているのです。
日本でもその包丁や刃物類が良く使われています。

2004年にはその製造会社であるツヴェリングJ,A.ヘンケルスジャパンMfgという会社を日本の関市にも設立しました。
なぜ日本に設立をしたかという理由は、日本は箸で食事をする文化で、食材を薄くスライスをすることが重要で、薄く切ることができる日本の包丁は優れていて、日本食が世界中でも愛されてくると、日本の刃物つくりの技術が必要だということからでした。

日本ではかつてから日本刀を作ってきました。
その技術が日本の包丁を作り、それが世界中で認められているのです。
特に関市は刃物の歴史が古く、鎌倉時代に九州の刀匠が関市に移住をして日本刀を作り始めたのがきっかけで刃物作りの町として栄えてきた所なのです。

明治時代に廃刀令が出されてからは、包丁をはじめカミソリ、爪切り、はさみなど家庭用の刃物を作り続けています。
そのような関の技術を使ってツヴェリングは刃物を作っています。

特に三徳包丁が従来の包丁よりも優れたエッジをもって、カミソリのような切れ味を持っているのです。
その包丁はドイツのゾリンゲンと日本の合作とも呼べる包丁です。
先に行くほど薄刃でしなりが良く切れ味が抜群です。
特にトマトや野菜、刺身などは気持ち良く切れていきます。
10万円以上するものもたくさんありますが、プロの料理人が使うような品物です。

タダフサの包丁

タダフサの包丁について

タダフサの包丁の特徴は、いくつかあります。その特徴の一つとしては、わかりやすいシリーズを展開しているということです。

とにかく種類が多くて、どれを選んだらいいか分からない場合が多いと思います。しかし、こちらでは、まずこれだけ揃えれば充分だという基本の3種類と、料理の腕が上がったら使いたい次の1本というように分かりやすい7本シリーズにまとめられているのです。

さらに、その中でも、波刃ではないパン切り包丁の切れ味は格別なのです。パンくずもほとんど出ることがなく、切り口もなめらかになります。柔らかいパンもつぶすことがありませんし、皮が硬いパンも、すっと切ることができるのです。従来の波刃のパン切りと違って、研ぎ直しをして使っていただくことができます。

さらに、タダフサでは研ぎ直しのサービスも行っております。切れ味を持続するためには、定期的に包丁を研ぐことが大切になってきます。包丁を買っていただいた際の箱にいれて、郵送できるようになっているのです。また包丁の柄には、抗菌炭化木が使用されているため、腐りにくく衛生的となっています。また、刻印による名入れも可能のため、プレゼントにも最適です。タダフサの包丁は、毎日の暮らしに合わせた本格派のものとなっています。ナチュラルで優しいデザインのため、キッチンや料理のテイストを選ばず使えるところも嬉しい点となっています。また、こちらの三徳包丁は、先が尖っているので幅広い用途に使用していただくことが可能となっています。家庭でも広く使われていて、お肉でもお野菜でもお魚でも何でも切っていただくことができます。他には、ペティナイフもあります。ジャガイモや人参の面取りや、野菜の飾り切りなども簡単にできます。小型のナイフのため、果物の皮とむいたり細かな作業にぴったりで、時間があまりない朝などにも一本あれば重宝します。また、牛刀もあります。牛刀は、小魚をさばいたり、刺身を切ることもできます。さらに、真直ぐに切り込むのに都合がいいため、肉以外にも野菜を刻んだりできます。刃渡りが長めのものになるため、白菜のような大きな野菜や大きなスイカなどを切るのにもとても適しているのです。また、魚をさばくのに適している出刃包丁もあります。峰が厚くてしっかりとした印象ですが、刃の作りはとても薄いため、乱暴に扱うとすぐに刃こぼれしてしまうので注意が必要です。刃渡りは、15cmあればほとんどの魚をさばくことができます。

大阪府の堺屋へ

包丁への名入れは大阪府の堺屋へ

普段よく使う包丁に自分の名前を入れるだけで、世界にたった一つのオリジナル包丁になります。また記念品として贈る際にも名前などを刻めば思い出の品となって喜ばれるでしょう。大阪府堺市にある「堺屋」では、伝統ある包丁の販売とともに名入れも行っています。

包丁といっても家庭で使うものからプロ用のものまで種類はさまざまです。昔は家庭用の包丁であっても、自分の手に合った物を一生物として使い続けるのが一般的でした。しかし近年、どんな商品も大量生産、大量消費の時代となりつつあります。一つの物を大切に使い続けるというよりは、安く手ごろな商品を何度も買い替えるという習慣が根付いています。また長く使える商品を作ろうと思うとしっかりとした技術が必要ですが、職人の数も減っており、本当に良い包丁を提供していくことが難しくなってきています。

職人の技は600年もの間、親方から弟子へ、そのまた弟子へ脈々と受け継がれていくもので、1本1本に職人の情熱が込められています。

堺屋では機械だけで作ることは一切していません。原料がいくら最高の物であっても職人の力がなければ良い物を作ることはできないということや、手打ちの包丁がどれほど良い物かということを知っているからです。

よく切れるだけでなく、自分の手に馴染むことや自分の手のように働いてくれるのがプロの包丁です。魚や野菜、肉など食材の種類や大きさなどによって適している包丁は異なります。出刃からペティナイフまでさまざまな種類を取り扱っていますので用途に合わせて探してみてください。プロ用の物だけでなく家庭用の商品も多数取り扱っています。

長く使い続けられる物を見つけることができたら、自分の名前を刻んでみてはいかがでしょうか。堺屋ではどんな包丁にも名入れを行っています。和牛刀や和ペティナイフなどは薄いため、通常より名前の彫り込みが浅くなっています。一丁あたり3文字程度で500円(税抜)となっています。195ミリ以上の大きい商品であれば4文字以上彫ることも可能な場合がありますので相談してみてください。自分の名前が入っているだけで大切に使おうという気持ちになれますし、大切な人へのプレゼント用としても人気を集めています。自分で考えたオリジナルの銘を入れる人もいるようです。他店で購入した物には名入れできませんので気を付けてください。またお名前の入った物は使用前・使用後に関わらず返品できません。

包丁は堺やドライザック

包丁は堺やドライザックが有名です

お弁当を自分で作ったり、食育ブームなど食に対する考え方が深まってきている昨今において、自宅で料理をすることは家事の一部というよりも、こだわって突き詰めて行く趣味という方も増えてきているのではないでしょうか。料理にこだわりはじめると同時に気になるのが包丁の選び方です。

素材をどのように調理するか、味を大きく左右するのがその切り口でもあります。特に、生のまま食する場合は顕著に違いが表れます。刺身を切るとき、適当に食べやすいように一口サイズに切れば良いというわけではありません。切り口をいかに滑らかにするかということにこだわることで美味しい刺身になるかどうかが決まるのです。舌触りは料理のおいしさに直結していると言っても良いでしょう。

お店のキッチングッズ売り場に行くと様々な包丁が並んでおり、同じ種類の包丁でも値段がまったく違うこともあります。素材が違うと値段も変わってきます。

最近は軽さが特徴のセラミック製の包丁や、子ども用と言ったものもあります。金属製の物はメーカーによって値段が違ってきますが、同じ金属製でも作り方によってクオリティが変わってきます。刃のクオリティにこだわって作っているメーカーのものは値段も高くなります。用途やライフスタイルによってお好きな物を選べるようになっています。

包丁にこだわる方にとって魅力的なブランドは、堺やドライザックなどではないでしょうか。堺打刃物は大阪の堺市周辺で発達した技術で鍛造されたものになります。一流の料理人にも愛されるブランドで、日本国内に限らず海外のプロにも人気があります。

ドライザックはドイツの老舗メーカーで洋包丁では人気があります。包丁を選ぶ時はどんな料理を作りたいかということも関係してきます。生魚をお造りで食べたいという場合はやはり日本のブランドである堺の包丁が良いのではないでしょうか。ドイツのブランドであるドライザックは洋食を主に作りたいという方には向いているでしょう。

牛刀は種類も豊富にありますので、ブロック肉を購入して肉料理を作りたいという方には適しているでしょう。もちろん、どちらも購入してそれぞれ使い分けるという方法もあります。料理が好きになって道具にこだわるようになると、色々な種類のものを揃えたくなってくるものです。包丁を使い分けることによって仕上がりも違ってくるということが分かると、包丁や料理の面白さがより深まってくるのではないでしょうか。

堺の包丁の研磨

堺の包丁の研磨について

国内のプロの料理人が愛用している包丁といえば、やはり堺打刃物です。特に切れ味が重要になる料理には必要不可欠な存在で、料理人のシェアの約90%を締めてます。

堺の包丁は、5世紀前後には既にその技術があったと言われてます。様々な刃物を作っており、はさみなども有名ですが、包丁についても粘りのある金属と丁寧な研磨で、永木に渡って愛されている刃物です。こちらの包丁は、鍛冶、研ぎ、柄付けの3つの工程を全て堺で行っており、それぞれの職人が専門の技術を身につけて分業で製造しています。いずれも手間を惜しまず何度も同じ手順を繰り返したり、納得いくまで鍛えたりしている品物ですので、一度購入してきちんとメンテナンスをすれば、半永久的に使うことができるといわれています。

どれくらい強度に違いがあるかというと、ステンレスの包丁の硬度が56GPa程度といわれているのに対し、堺打刃物は62GPa程度といわれてます。薄い刃物になってますので、ステンレスの包丁のように叩いたり押したりして切るような用途には向いていませんが、逆に刺身や寿司を作るときの引き切りをするときには、金属の硬度と弾力によって、仕上がりに大きな違いが見られます。

こちらの包丁で切った食品は、切断面がつやつやして見えるほどなめらかになっており、口に入れたときにも舌に触れる断面がすべすべしているため、食感も味覚も大いに向上します。身離れも良いので、切ったものがくっつきにくく長時間使用しても疲れをほとんど感じません。また、力を入れなくても綺麗に着ることができますので、手元が狂いにくく、均等な大きさに切り分けることができますし、手を滑らせてケガをするような心配もありません。

デメリットというほどではありませんが、こちらの包丁は鉄でできているため、ステンレスとは違って錆びや刃こぼれを気にする必要があります。洗った後はきちんと水分を拭き取り、乾燥した場所に保管する必要があります。

また、砥石を使って綺麗に研ぐことで、その切れ味をいつまでも維持することができます。磨いで行くとやがて刃の部分の大きさは小さくなりますが、切れ味はそのまま持続します。

柄の部分は木製ですので腐食することもありますが、こちらも修理すれば新品同様に使うことができます。手間がかかっても、一生物の切れ味の良い包丁が欲しいというときには、こちらの刃物を候補に入れてみても良いのではないでしょうか。

堺と三木の包丁

堺と三木の包丁の歴史

堺打刃物と播州三木打刃物は、ともに経済産業省から伝統的工芸品の認定を受けています。
どちらの刃物も全国的に名の通ったブランドですが、成り立ちには各々ユニークな歴史があります。

播州は古代から、鍛冶の神である天目一箇命(あめのまひとつのみこと)を祖神とする大和鍛冶で知られていました。
5世紀の中頃、百済の王子が丹生山へ亡命し、このとき連れてきた韓鍛冶の技術が取り入れられます。
こうして鍛冶の基礎が確立されたと言われています。

奈良時代や平安時代には、播州の日原大工が、国宝級の建築物を数多く手がけてきました。
16世紀には豊臣秀吉が三木城攻めを行ない、町は徹底的に破壊されます。
戦後復興のために免税政策が採られると、大工が集まり鍛冶職人の仕事も増えて、金物業はさらに発達します。
復興需要が収まると、仕事のなくなった大工や鍛冶職人は、京や大坂に散っていきます。
このとき持参した大工道具の性能が、口コミで全国に広まっていきました。

堺では古墳造営が盛んだった5世紀頃に、鉄を鍛える技術が伝わったとされています。
平安時代には大工道具よりも、刀鍛冶として伝統を受け継ぎます。

室町時代になると、南蛮渡来のタバコを刻む包丁を作るようになります。
さらに戦国時代には、鉄砲鍛冶として圧倒的な生産量と技術を誇るようになりました。
織田信長が堺の支配権を欲したのも、この技術が理由のひとつとされています。
江戸時代になると、徳川幕府も「堺極」という印を授けて、刃物の専売を行なうようになります。
この地の職人が出刃包丁を発明するのは、元禄時代のことでした。

以上のような歴史から、ふたつの地域では得意とする刃物の種類が違っています。

三木では大工道具に定評があり、作業工具や園芸用品のほか、ドリルなど電動工具の刃物も生産しています。
工匠具やノコギリのシェアでは、全国の約7割を占めています。

もちろん包丁も生産していますが、主力というほどではありません。
他方、堺ではなんといっても包丁が中心です。
業務用の包丁では、シェアが全国の9割以上と言われています。
本格的な包丁は鍛冶、研ぎ、柄付けの3工程を、別々の職人が担当し、分業で生産しています。
現在でも切れ味の良さで、料理人の絶大な支持を受けています。

日本では他にも、越前・越後・土佐が伝統的な刃物の産地として有名です。
それぞれに異なる歴史を持ち、異なる特徴があるので、使い分けてみるのも面白いものですね。

薄刃の魅力と使い方

堺の包丁で薄刃の魅力と使い方

堺の包丁で人気の高い包丁は薄刃ですが、その魅力と使い方をご紹介します。

刻んだりさまざまな形に切ったり、あるいは、かつらむきにしたりと野菜を使う料理にはかかせないのが刃物です。

柄には、天然の水牛角付朴柄をつけている商品もあり、品質と値段のバランスが良い商品となっているため、プロが使う業務用としても使えることはもちろん、料理を趣味としている方や家庭用としても幅広いシーンで活躍できる最適の包丁です。

野菜にはかかせない包丁ですので、切っ先では飾り切りを作ったり、中央部分ではかつらむきも薄刃ならではなので扱いやすくより薄く切れます。

また、刃元では、くりぬく切り方もきれいに出来る特徴があります。
堺の包丁は、このように先から刃元までいろいろな用途に使いわけられるので家庭でもプロでもより活躍のシーンを広げられるメリットがあります。

値段が高いものほど、熟練の研ぎ師が丁寧に研ぎ上げているため、後々のお手入れや刃をとぐ作業も楽に出来るのが魅力ですので、1万円台の商品は、比較的、品質の良さと値段のバランスも良いと言われ売れ筋となっています。

そして、鋼の中では最高級と言われる青二鋼を使用しているものは、最高の切れ味を実感できる素晴らしいものです。

更に高級な安来の白三鋼を使用しているプロ用の和包丁となっているものでは、水牛、朴柄付で、使い込みながら研ぎ続けるほどに良く切れると言う特性があります。
これくらいの高級グレードになって来ると、仕上げの砥石でとげば、さらに切れが素晴らしくなると言うのが持ち味です。
そのため、ほとんどは本職で使うので、プロの方におすすめです。

これらの包丁の中でも鎌型と呼ばれるものが、出回っており売れ行きも8割を占めていますが、刃先の先端部分が鎌の形をしているためにそう呼ばれるようになりました。
この鎌のカーブしている形状が、細かい作業でも叶えられるようになっているのです。

また注意点として、使用後には水分を良く拭き取って乾燥させることで錆を防ぎます。
それから、冷凍物を切ることは不適ですので、避けるようにしましょう。

包丁には、名入れや鞘を一緒に購入できるようになっているネット通販もあります。
柄や刃の種類によって、様々な商品が出回っているので用途に応じて選べるラインナップも豊富にあるのも魅力だと言えます。
特に、一般的な右利き用だけでなく左利き用も取り揃えしているので、探しやすくなっています。

堺包丁のお手入れ

堺包丁のお手入れに適したシャープナー

堺の包丁と言えば料理人にとってはおなじみの名品が揃っています。鍛鉄の技術が堺に広まったのは5世紀頃ですので大変古い歴史があることが分かるでしょう。堺打の包丁は刃が硬いだけでなく粘りがあり、食材を切る時に余計な力を要しません。そのため、食材そのものの味を最大限に引き出せる包丁であると言えるでしょう。最近は自宅で料理に凝っているという方も増えてきています。

そんな方の中には使う道具にもこだわりたいという方もいるでしょう。自宅で料理を楽しむ方にも人気の包丁なのです。

包丁には最近はセラミック製の物もありますが、やはり金属製のものが主流です。余計な力をかけずに切れるということは食材の美味しさを引き出すだけではなく、安全面においてもメリットがあります。

切れ味が良く刃がしっかりしている包丁を使った経験がある方なら、楽にストレスなく切れることに感動したという方もいるのではないでしょうか。逆に、切れ味の悪い包丁や使いにくい包丁を使うと肉などは一度で切れなかったり、刺身の表面がざらついて不味くなってしまうということもあります。切れにくいからといって力を入れて一生懸命切ってしまうのは危険です。刃物を持つ手元に力が入っていると、思わぬ方向へ手が滑ってしまってケガをしてしまうことにも繋がってしまいます。

包丁の切れ味は素材の良さを引き出し美味しい料理を作るためにも重要な要素ですが、安全面に置いても重要なのです。切れ味が良い方がケガをしそうというイメージを持たれている方もいるのではないでしょうか。しかし、切れ味の良ければ余計な力を使わないため手元のコントロールがしやすいのです。力が入っているとその分コントロールを外した時にかかる力も大きくなります。なるべく切れ味を保っておくことが大切なのです。常日頃からシャープナーを使って刃を研ぎましょう。まったく研いだことが無いという方は一度研いでみてはいかがでしょうか。抜群に切れ味が良くなります。堺の包丁をお使いの方は堺打に適したシャープナーなどもありますので、適したものを選ぶと良いでしょう。良い道具を使いこなすには、日々のお手入れが必要です。手入れをすることで道具そのものが持つ実力を存分に発揮するようになるのです。どんなに良い道具でも、手入れをせず大事に使わなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。シャープナーを活用して最大のパフォーマンスを出せるようにしましょう。

堺の包丁の鞘

堺の包丁の鞘もいろいろあります

伝統の技を駆使して製造されている堺の包丁は、世界的にも有名で幅広く使用されています。
ネット通販でも、手軽に様々な商品を買い求められるようになったので、料理を趣味としている方はプロ用としても販売しているような商品でも、入手できるようになりました。

それだけに、包丁の扱いやとぎにも注意を払っているものです。
さらに、鞘を同時に購入することも出来ます。
始めから、商品に付属しているものもありますが、その種類には、白さやが多くなっています。

また、お手持ちの包丁を入れたり、刃物を購入したりする時に、包丁用の汎用で朴の木のさやを購入も出来ます。
これに寄って、持ち運びでも危険を防ぐことや刃の傷みを防ぐことが出来るようになっています。

ですから、和包丁用の鞘は、堺の一般的な和包丁のサイズに合わせているサイズです。
そのため、現在持っているものには、サイズが合わないことがございます。
そのため、包丁によっては、刃の一部が出てしまうこともあるので心得た上で使用しないと、さやからの出し入れで手を切る可能性もあります。

そのためにも、堺の包丁を新規に購入する際には、鞘とセットになっているものか、あるいは別売りになっていても刃がスッキリ納められるサイズの適合しているさやを選ぶようにすると、後々、楽な扱いが出来るようになります。

普段は、包丁を使わない時は、立てて保管することが家庭では一般的ですが、たくさんのものを使い分けている方やプロとなると、使用後にも丁寧にさやに入れて保管をして、出来る限り傷めないように丁寧な扱いをしていることが多くなります。

用途に応じてさやを購入しておくと安心感もあり、長持ちさせられるので便利です。
しかも、ネット通販では、リーズナブルな値段で販売されているので便利に探せます。
安いものは2,000円程度からで、高いものであっても5,000円以内で入手できるので、手頃だと言えます。

種類も、出刃用、薄刃用、牛刀用、ペティーナイフ用、柳葉用などそれぞれに合う形状の商品も販売されているので、合わせて購入をしておくと、着いたその日からの保管にも安心して使えると言うメリットがあるのです。

包丁を購入する際には、商品そのものの見極めも大事ですが、さやの購入も一緒に揃えておくと後々になって追加購入する手間もかからなくなるので、ネット通販であればラインナップがたくさんありますので、探しやすいと言うのが特徴です。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.