banner

薄刃の魅力と使い方

堺の包丁で薄刃の魅力と使い方

堺の包丁で人気の高い包丁は薄刃ですが、その魅力と使い方をご紹介します。

刻んだりさまざまな形に切ったり、あるいは、かつらむきにしたりと野菜を使う料理にはかかせないのが刃物です。

柄には、天然の水牛角付朴柄をつけている商品もあり、品質と値段のバランスが良い商品となっているため、プロが使う業務用としても使えることはもちろん、料理を趣味としている方や家庭用としても幅広いシーンで活躍できる最適の包丁です。

野菜にはかかせない包丁ですので、切っ先では飾り切りを作ったり、中央部分ではかつらむきも薄刃ならではなので扱いやすくより薄く切れます。

また、刃元では、くりぬく切り方もきれいに出来る特徴があります。
堺の包丁は、このように先から刃元までいろいろな用途に使いわけられるので家庭でもプロでもより活躍のシーンを広げられるメリットがあります。

値段が高いものほど、熟練の研ぎ師が丁寧に研ぎ上げているため、後々のお手入れや刃をとぐ作業も楽に出来るのが魅力ですので、1万円台の商品は、比較的、品質の良さと値段のバランスも良いと言われ売れ筋となっています。

そして、鋼の中では最高級と言われる青二鋼を使用しているものは、最高の切れ味を実感できる素晴らしいものです。

更に高級な安来の白三鋼を使用しているプロ用の和包丁となっているものでは、水牛、朴柄付で、使い込みながら研ぎ続けるほどに良く切れると言う特性があります。
これくらいの高級グレードになって来ると、仕上げの砥石でとげば、さらに切れが素晴らしくなると言うのが持ち味です。
そのため、ほとんどは本職で使うので、プロの方におすすめです。

これらの包丁の中でも鎌型と呼ばれるものが、出回っており売れ行きも8割を占めていますが、刃先の先端部分が鎌の形をしているためにそう呼ばれるようになりました。
この鎌のカーブしている形状が、細かい作業でも叶えられるようになっているのです。

また注意点として、使用後には水分を良く拭き取って乾燥させることで錆を防ぎます。
それから、冷凍物を切ることは不適ですので、避けるようにしましょう。

包丁には、名入れや鞘を一緒に購入できるようになっているネット通販もあります。
柄や刃の種類によって、様々な商品が出回っているので用途に応じて選べるラインナップも豊富にあるのも魅力だと言えます。
特に、一般的な右利き用だけでなく左利き用も取り揃えしているので、探しやすくなっています。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.