banner

堺と三木の包丁

堺と三木の包丁の歴史

堺打刃物と播州三木打刃物は、ともに経済産業省から伝統的工芸品の認定を受けています。
どちらの刃物も全国的に名の通ったブランドですが、成り立ちには各々ユニークな歴史があります。

播州は古代から、鍛冶の神である天目一箇命(あめのまひとつのみこと)を祖神とする大和鍛冶で知られていました。
5世紀の中頃、百済の王子が丹生山へ亡命し、このとき連れてきた韓鍛冶の技術が取り入れられます。
こうして鍛冶の基礎が確立されたと言われています。

奈良時代や平安時代には、播州の日原大工が、国宝級の建築物を数多く手がけてきました。
16世紀には豊臣秀吉が三木城攻めを行ない、町は徹底的に破壊されます。
戦後復興のために免税政策が採られると、大工が集まり鍛冶職人の仕事も増えて、金物業はさらに発達します。
復興需要が収まると、仕事のなくなった大工や鍛冶職人は、京や大坂に散っていきます。
このとき持参した大工道具の性能が、口コミで全国に広まっていきました。

堺では古墳造営が盛んだった5世紀頃に、鉄を鍛える技術が伝わったとされています。
平安時代には大工道具よりも、刀鍛冶として伝統を受け継ぎます。

室町時代になると、南蛮渡来のタバコを刻む包丁を作るようになります。
さらに戦国時代には、鉄砲鍛冶として圧倒的な生産量と技術を誇るようになりました。
織田信長が堺の支配権を欲したのも、この技術が理由のひとつとされています。
江戸時代になると、徳川幕府も「堺極」という印を授けて、刃物の専売を行なうようになります。
この地の職人が出刃包丁を発明するのは、元禄時代のことでした。

以上のような歴史から、ふたつの地域では得意とする刃物の種類が違っています。

三木では大工道具に定評があり、作業工具や園芸用品のほか、ドリルなど電動工具の刃物も生産しています。
工匠具やノコギリのシェアでは、全国の約7割を占めています。

もちろん包丁も生産していますが、主力というほどではありません。
他方、堺ではなんといっても包丁が中心です。
業務用の包丁では、シェアが全国の9割以上と言われています。
本格的な包丁は鍛冶、研ぎ、柄付けの3工程を、別々の職人が担当し、分業で生産しています。
現在でも切れ味の良さで、料理人の絶大な支持を受けています。

日本では他にも、越前・越後・土佐が伝統的な刃物の産地として有名です。
それぞれに異なる歴史を持ち、異なる特徴があるので、使い分けてみるのも面白いものですね。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.