banner

ダマスカス鋼の包丁

ダマスカス鋼の包丁について

ダマスカス鋼の包丁について、中東のシリアやその周辺国近隣で精錬されたりする鋼を原材料としたこうした切るために使用するものは、世界でも屈指の鋼として知られているため、よく切れるものとして有名です。
古来より知られているこのダマスカス鋼は、かつてはイスラム圏での武器たとえばイスラム国家の兵士たちが使用した剣、曲刀などでも有名で、よく知られています。

独特の美しい模様が特徴でもあるこのダマスカス鋼ですが、その起源は今から数百年前に遡るとされます。古代インド発祥の鋼材を中東の国シリアのダマスカスで刀剣として加工されていたことでそう呼ばれるようになったと言われています。
ただし、この鋼は外部の部外者には製造技術が秘匿されてきており、その製法を一子相伝で伝えてきた歴史があります。19世紀に生産が途絶えてからはその製造における様々な技術が失われてしまい、現代では完全に再現することは難しいと言われています。現在のダマスカス鋼と呼ばれるものは、希少金属を含む異なる種類の鋼材を時間をかけて精錬して、模様を表面に浮かび上がらせた鋼材のことを指して言うものです。非常に硬く、さらに錆びにくい、鋭い切れ味を長く保つことができるために高級包丁の代名詞として知られています。しかも一本ごとに模様が異なり世界に二つとして同じものがない一品ものとなります。

現在、日本においてはその地方ごとでの特性によって、またその使用用途によって使い分けができるように様々な種類の包丁があります。

包丁やナイフなどで一般の家庭でよく普及している包丁を販売しているところもあり、料理人も憧れるとされるこの包丁などで料理の腕に磨きをかける人もいます。自分だけしか持っていないものであるマイ包丁として使用するのもよいでしょう。
こうしたある意味特別な包丁などに使用するものは、ホームセンターなどで購入できるといったものではなく、通信販売などで注文をかけてある程度待たされる場合もありますし、在庫などがあればすぐに購入できる場合もあります。
先述のように現在では失われた技術ですからある意味模倣品となりますが、それでもその切れ味の鋭さ、良さなどは使った本人でないとなかなか分からないともされます。

切れ味が良すぎるためにもし今後使用するのであれば、その使い方には十分な注意が必要です。誤って指などに触れると異常なほどに切れますから、その取扱いは慎重にする必要があります。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.