banner

有名な堺とグローバルの価格

丁メーカーで有名な堺とグローバルの価格

包丁メーカーで有名なメーカーとして、堺とグローバルを価格でそれぞれ違いを見てみましょう。

家庭向けとして、人気のあるグローバルでランキングでも上位にあるセットは、3本で8,000円台で購入できます。
鋭い切れ味で、清潔で衛生的であり、デザイン性の高さも揃っているバランスの良さがあります。

料理の出来映えは、料理をする人の腕だけではなく、使う刃物によってもかなり差が出て来ます。
プロの料理人が実際に使っているのがこのグローバルですので、好評を得ています。

超硬質ステンレス鋼を使用しており、1000度以上での焼き入れの後、急冷してから焼き戻しをしておいるので、更に硬化が増します。
熟練の職人により、1本ごとの手作業で刃付けされている高品質な商品です。
刃先が鋭く、食材が刃離れしやすいのも特徴で、刀身と柄の一体化で雑菌がつきにくく衛生的な点も家庭でも好評となっています。

一般的な包丁は柄が木製のため刃と柄の接続部に水が入り、雑菌の温床になってしまうと言うのがネックです。
更に、刃が抜け落ちてしまう危険性も、劣化が進めば起こって来る可能性すらあります。

手入れが簡単で衛生的なオールステンレスであれば、手入れも簡単で料理が楽しくなります。
しかも、切れ味は抜群で色々な切り方も可能になるので、ありとあらゆる料理に活躍できます。

一方、堺のシリーズは、安いものもありますがプロ用の十数万円する物まで幅広く販売されています。
そもそも、炭素系高級刃物鋼を使っている物が多いので、それだけに切れ味の良さは群を抜いていますし、家庭からプロまで使用でき得るグレードが様々にあるのが特徴です。

グレードによっては、ステンレス製もあります。
ステンレス製になると柄とは3つの留め部分がありしっかり留められていますし、鋼に比べるとお手入れのしやすさが手軽と言うのも魅力です。
鋼になると、長い間使って行くに連れて、柄の痛みや腐食と言う問題も出て来ますが、刃の部分の耐久性と切れ味の持続性では素晴らしい実績があります。

リーズナブルなものを求めたい時には、耐久性と言う観点で選ぶなら1万円台の包丁であってもかなり長持ちさせることが出来るのが、堺ならではの製法です。

包丁を購入する際に、重視するポイントを自分の使用する目的によって決めておき、その中で価格でも予算内で治まりそうな包丁を探すのが賢い購入方法と言えます。

単に価格だけで決めるのではなく、特徴やメリットをしっかり把握した上で適切な包丁を選ぶようにするのが賢明です。

Copyright(c)2014 包丁を愛するあなたへ、本当にいい包丁を選ぶ方法All Rights Reserved.